高効率自然触媒 PIPチタンボールの検証


高効率自然触媒 PIPチタンボール
by titanball
  
最新の記事
カテゴリ
以前の記事

どの位まで?

「水換えに勝るフィルター無し」「水換え大好き」の私もこのボールには
使えば使う程に驚いております。現在、検証中の水槽をまずはご覧下さい。

a0161443_1445202.jpg
円盤倶楽部店内、レジカウンター前に置いてあります水槽60x45、2本であります。
「凄い個体~~~~~~~」でしょ?すいません、個体の自慢ではありませんm(_ _)m



左の水槽をご覧下さい。

a0161443_14475352.jpg















60x45水槽、ニッソー上面フィルター、ロ材(スドー、ポーラスリング500g、ウール2枚)
Lサイズ、クリペア6匹、水温28度、餌1日3回(ハンバーグ2回、赤虫1回)の環境水槽です。
1月15日(金)~現在迄、足し水のみで一切の水換えは行っておりません。PHも安定、アンモニア
亜硝酸、未検出。個体の状態動き絶好調、水の透明度は抜群。(チタンボール投入前は毎日30~50%の水換えを行っておりました。)



では右の水槽をご覧下さい。

a0161443_14583481.jpg















60x45水槽、ニッソー上面フィルター、ロ材(スドー、ポーラスリング500g、ウール2枚)
Lサイズ、クリペア2匹、水温28度、餌1日3回(ハンバーグ2回、赤虫1回)の環境水槽です。この水槽は何と!昨年末、12月28日~本日迄、足し水のみです。又、先に御紹介の写真(2本水槽が並んだ写真)をご覧下さい。水槽に外光が写っておりますがこの水槽はチタンボールを入れる前は「グリーンウオーター」バシバシの水槽で毎日80%の水換えを行いましても夕方には個体が見えない程の水槽でありました。チタンボール投入5日後には「うそでしょ?」と常連さんも驚く程に透明度抜群になりました。PHも安定、アンモニア、亜硝酸未検出。この2本の水槽、どこまで水換えを引っ張れるか?
「これだけ水換えが引っ張れればOKでしょ?」・・・・・・・・確かに!

後日、チビディスカス(ブライン給餌サイズ個体)育成実験中の模様を御紹介致します。

PS・個体の発色「レッドカラーUP」「ブルー発色の深み増加」は言うまでもありません。





円盤倶楽部・中村勝弘
[PR]
by titanball | 2010-01-20 15:14 | 検証中
<< チビ育成水槽 水分子の大きさによる導電率の変化 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧