高効率自然触媒 PIPチタンボールの検証


高効率自然触媒 PIPチタンボール
by titanball
  
最新の記事
カテゴリ
以前の記事

過密飼育での実験

錦鯉の水槽でPIPチタンボールを試しましたので経過報告いたします。
①試験機材
・水槽    120×45×45cm水槽 水量220リットル
・ろ過装置  60cm用上部式フィルター2台 60cm用外部式フィルター1台
・ろ材    60cm用上部式フィルター ウールマット1枚
       60cm用上部式フィルター PIPチタンボール 2kg
       60cm用外部式フィルター 多孔質ろ過材
・エアーポンプ2台
・ヒーター  なし
・ライト   なし(室内蛍光灯あり)
②設置状況
・(No1)60cm上部式フィルターにウールマット1枚を入れたフィルターはノーマルのストレーナーのままで使用して、ウールマットにて糞や残り餌などを物理的に濾過する。(写真2)
・(No2)60cm用外部式フィルターの多孔質ろ過材を入れたフィルターは、生物ろ過として使用するために、ストレーナーをテトラ社のP-Ⅰフィルター(スポンジ)に変更して、吸い込み口で物理ろ過を行ない、フィルター内は生物ろ過として使用する。
・60cm上部式フィルターのPIPチタンボールを入れたフィルターは、モーターを取り外して、No2の上部式フィルターで浄化された水を、フィルター内に入れたPIPチタンボールに通水させてから水槽に戻す。(写真3)
③使用魚
錦鯉 15~20cmの個体 約100匹(数え切れないほどです)
④管理条件
毎日、100g程度の乾燥餌を3回給餌。

準備期間(PIPチタンボール投入前)
PIPチタンボール投入前は、毎日70%程度の水換えを行なっていたが、水は白く濁り、水面は泡立ち、水の臭いは強烈だった。亜硝酸は5mg/lより下がることはなく、10mg/lを超えることもあったが、なんとか水換えで補っていた。試験魚の餌食いは良かったが、1日たりとも油断できない状況であった。

試験結果
水の濁りはなくなり、水面の泡立ちも消え、水の臭いも消えた。亜硝酸は0mg/lと検出されない。毎日、物理ろ過用のウールマットは水道で洗浄するが、水換えは1週間毎に延ばすことができた。
餌食いは上がり、泳ぎも活発になった。
水量に対して給餌量が多いため、排泄物の処理として物理ろ過を増強すれば、もっと管理は楽になるであろう。逆に言えば、50匹程度なら楽に飼育出来ると思われる。
PIPチタンボールを増やすことで、さらに状況が改善されるか、実験を進めたいと思います。

(写真1)給餌直後なので少々濁りはあるが、数時間もすれば透明度は増します。
a0161443_1859474.jpg


(写真2)マットは1日で目詰まりするが、ヌルヌル感はなく、さらっとした汚れ方です。
a0161443_190446.jpg


(写真3)1日150リットル×1週6日×52週=1年で46.8トンの節水になりました。
a0161443_191019.jpg


アクアショップes  入江博
[PR]
by titanball | 2010-01-29 19:10 | 検証中
<< PIPチタンボール容器の自作 ペアー水槽 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧